読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腹黒OLの日常~aoraのブログ~

山陰生まれ、大阪在住の自称腹黒ちゃんなワタクシが、日々の出来事を気ままに綴ります。時々旅行ネタ。グルメブログ「腹黒OLちゃんのグルめぐり」同じくはてなブログで新設しました。カクヨムで小説も書いてます。https://kakuyomu.jp/users/aora/works

時間旅行~ローマへの旅 Ⅲ~

f:id:aora:20170323161908j:image

2017.3.19(日)

ローマ滞在3日目。

この日は朝からコロッセオやパラティーノの丘を巡るツアーに参加。

英語のガイドさんだからか、日本人参加者は私達だけだった。

サンレモホテルからコロッセオまでは徒歩15分程度。

散歩を兼ねて街を歩いてみることに。

f:id:aora:20170323162336j:image

生憎の曇り空。けれど初めて見る街並みは新鮮で刺激的。

どこを見ても絵葉書のように絵になる。

コロッセオ、街から外れたところにあるかと思ったら、大通り沿いからもうその姿が見える!感動!

f:id:aora:20170323162616j:image

集合場所の広場がわからず地元の人っぽいお土産屋さんのご老人に地図を見せると、心良く指差して教えてくれた。

「Grazie!(ありがとう)」と言うと

笑顔を返してくれた。

その国の『ありがとう』を笑顔で伝えれば、

大抵うまくいくもんだと感じました

(^-^)

f:id:aora:20170323163028j:image

コロッセオ、間近で見るとすごい迫力です!

f:id:aora:20170323161908j:image

中に入るとこんな感じ。

f:id:aora:20170323163216j:image

f:id:aora:20170323163311j:image

f:id:aora:20170323163331j:image

高い天井のアーチ。

ここも入る時にセキュリティチェックがあります。

参加したツアーが優先入場できる権利あったので待ち時間あまりなく入れたけど、

自分でチケット買って並んで入るのはけっこう時間かかりそう。

f:id:aora:20170323163650j:image

ここで古代熱い戦いが行われていたと思うと、

灌漑深いものがあります。

改めて古代ローマの生活水準の高さや権力の偉大さを感じます。

百聞は一見に如かず。この場所の空気が、壮大な悠久の歴史を物語ってきます。

とにかくすごい。

日本から半日以上かけて来たかいがありました。

f:id:aora:20170323164243j:image

コロッセオ内部から凱旋門が見えます。

f:id:aora:20170323164439j:image

近くで見るとすごい迫力だ。

f:id:aora:20170323164514j:image

細かい彫刻を施したレリーフも間近で見ることができます。

f:id:aora:20170323164626j:image

再びセキュリティゲートを抜け、お隣のパラティーノの丘へ。

教会も建つ厳かな雰囲気だが、広々して気持ち良い場所だ。

f:id:aora:20170323164904j:image

f:id:aora:20170323164929j:image

形の良い樹木の並木道。

f:id:aora:20170323165031j:image

高台から眼下の遺跡も見下ろせる。

f:id:aora:20170323165142j:image

けっこうハードな道のりなので、歩きやすい靴がおすすめです。

f:id:aora:20170323165248j:image

なんか、日常を忘れられる。


f:id:aora:20170323222116j:image

 

いっぱい歩いてお腹が空いたので、

ランチはしっかりコースメニューをいただきましたよ↓

f:id:aora:20170323170223j:image

いろんなお店で用意されてある

旅行者向けのツーリストコース。

値段は大体10ユーロ、日本円で1,200円くらいなのでとてもお得。

この日は日曜日で、けっこう休みのお店が多い。

たまたま空いていたテルミニ駅近くのリストランテでいただきました。

まずここでもローマ発祥のカルボナーラをいただきました。

こちらのは卵風味が濃くて、コクと旨みがある。

やはりお店によって味わいが違うから、食べ比べ楽しい♪

f:id:aora:20170323165739j:image

お次はポークとポテトのソテー。

じゃがいもがホクホクで、塩味濃いめでお酒が合う。

今回はお店の人おすすめの赤ワインを飲みながらいただきましたが、絶妙なバランスでした。

f:id:aora:20170323165917j:image

食後のドルチェは本場のティラミス。

エスプレッソがめっちゃ染みてて大人の味わいのほろ苦さ。

日本のはマスカルポーネが濃いめのクリーミーな感じが多いけど、イタリアのはスポンジのふわふわ感のほうが食感としては強かった。

これはかなりおいしかった!

 

午前中のツアーがけっこう歩いてハードだったので

(^^;

ホテルに帰ってちょっと夕方お昼寝…のつもりが、

目が覚めたら夜11時前

(゜д゜)

時差ボケもあるんやろね。

出かけるのも面倒なのでホテルのリストランテで食事しようと思ったら、

さすがに時間終了。

近くのお店がまだ開いていたので、そこに入る。

f:id:aora:20170323220606j:image

夜も遅いのでシンプルなトマトスパゲッティをチョイス。

寝起きなのでスッキリとしたサラダも注文。

パスタはトマトの酸味がほどよく食欲をそそる。

連日パスタ尽くしですが

どこもおいしくて飽きない。

ガイドブックやネットの情報では、観光客にはぼったくるお店もあるので注意と書いてあったけど、

地元の人が多く利用していて

店の外のメニューにお値段書いてあるところは安心して利用できました。

メニューも見たらなんとなくわかる。

トマトとかカルボナーラとかバジリコとかパンチェッタとか

単語で理解できる感じ。

まあイメージと違うのが出てきても、

それも旅の醍醐味ってことでいいんじゃない?(笑)

イタリア行ってなんか細かいことが気にならなくなった。

ラテンのノリで大らかな気持ちになる。

お腹いっぱいになって、

またワインなんか飲んでいい気分。

イタリア夜中12時。

日本は朝8時。

日本時間でいえばこれは朝食か(笑)

夢見心地で本日もおやすみなさい。。。

 

美食の国イタリア、毎日満腹ですwww

 

part Ⅳに続く→